借金の返済が滞ったらすぐに債務整理を

借金の返済が滞ったらすぐに債務整理をするのではなく、まずは今ある全ての借金を「おまとめローン」などで一本化することを優先しましょう。
債務総額こそ減らないのですが、高額借入として扱われるため、金利を下げることができると思います。煩雑になっていたそれぞれの会社への返済もスッキリして、バラバラだった毎月の返済を一回で済ませられるようになります。
債権者の数が多すぎると、おまとめローンも組めないこともありますが、その時に本当に債務整理の手続きをするのも悪い方法ではありません。いわゆるブラックリスト入り、つまり事故情報が信用情報機関に記録されてしまうことと、自己破産や個人再生においては個人情報が官報上に書かれてしまうことが債務整理をすることによるマイナス面と言えるでしょう。
とは言え、事故情報は永遠に残るわけではありませんし、官報をいつもいつも読んでいる人など非常に限定的でしょう。
それから、誰かに保証人になってもらっている場合はその人にとって大きな迷惑となる事はありえます。どうしても返済が難しい時に大幅に債務が減額されたり、きれいさっぱり債務の返済が免除されることもあるのが債務整理ですが、自己破産はもちろん、返済義務が残る個人再生の場合も、官報の裁判所公告に掲載事由(破産免責、再生)と共に住所氏名が掲載されてしまいます。
毎日目にするものではありませんが、官報は明治以降ずっと残っていますし、上書きも削除もできません。
それに、最近ではインターネットでも手軽に閲覧できてしまいます。債務整理の履歴というのは必ず残りますし、実際に手続きするとなったらそれでいいのか改めて考える時間が必要です。債務整理の中でも任意整理や個人再生は「借金の減額」が目的であり、免責される自己破産とは訳が違い、債務そのものは残るので、返済義務があります。
しかしここで返済を怠ると、和解破棄、再生計画取り消しということになり、その間に発生した遅延賠償も合わせ、すべての債務を一括で返すように要求されることもありますし、強制執行なんてことにもなりかねません。
和解というのは約束ですから、守らないと、悔やんでも悔やみきれない事態になってしまいます。
債務整理に必要な金額というのは、やり方によって大きく差が出てきます。
任意整理みたいに、会社の数ごとに低い金額で利用することができる方法もあるものの、自己破産のケースのように、かなり高い料金を支払うものもあります。
自分自身でかかる費用を確かめることも必要です。
大方、債務整理イコールブラックリスト入りとよく考えられていますが、ただ一つ債務整理でもブラックにならない方法として過払い金請求があります。本当は払う必要のなかった利息を返還してもらうだけに過ぎないので、それによって完済できたなら事故ではないと理解されるのです。
しかし、たとえ過払い金があろうが金利を引き直した結果としてまだ債務が残っているのであれば、ブラック入りは免れません。
返済能力を超えた買い物をクレジットカードで行うと、結果的に毎月の返済が滞ってしまう可能性があります。
もし、一括払いができなくなると、リボ払いに変更するしかありません。
ですが、リボ払いの返済も遅延することが考えられます。常に返済のことを考えなければならなくなると、追い詰められ、まともな生活ができなくなるので、債務整理を行い、返済の負担を減らしましょう。
借金を全てゼロにするのが自己破産制度となります。
借金で辛い毎日を送っておられる方には喜ばしいことですよね。
しかし、当然メリットばかりではございません。当然のこと、デメリットもございます。
車や家など財産は全て手放さなければなりません。そして、約10年ほどはブラックリストに登録されてしまう為、新しく借金は出来なくなります。